• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
お問い合わせはこちらをくりっく

名前

龍前 信司

メモ

社団法人日本ネットショップ協会会員

私も毎日愛用しています♪低速圧縮搾りジューサーで新鮮な野菜や果物をたくさんとりましょう!



店長日記はこちら

よくあるご質問
ジュース材料豆知識01 「にんじん」
ジュース材料豆知識02「梨」
ジュース材料豆知識03「パイナップル」
ジュース材料豆知識04「かぼちゃ」
ジュース材料豆知識05「オレンジ」
ジュース材料豆知識06「サニーレタス」
ジュース材料豆知識07「メロン」
ジュース材料豆知識08「グレープフルーツ」
ジュース材料豆知識09「キャベツ」
ジュース材料豆知識10「ぶどう」
ジュース材料豆知識11「いちご」
ジュース材料豆知識12「みつば」
ジュース材料豆知識13「トマト」
ジュース材料豆知識14「みかん」
ジュース材料豆知識15「セロリ」
ジュース材料豆知識16「ブルーベリー」
ジュース材料豆知識17「ブロッコリー」
ジュース材料豆知識18「デコポン」
ジュース材料豆知識19「パプリカ」
ジュース材料豆知識20「小松菜」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「さらさらふりかけ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「しっとりふりかけ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「おもち」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「餃子」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「薩摩揚げ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「肉団子」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「うどん」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「パスタ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「インドパン(ナーン)」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「スコーン」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「レバーペースト」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「茹大豆とツナのディップ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「バナナセーキ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「アイスクリーム」

低速ジューサーで使われる野菜や果物の豆知識をご紹介します。

その9「キャベツ」

キャベツ キャベツの歴史は古く、原産地は地中海沿岸。古代ローマやギリシャでは既に胃腸の調子を整える健康食として食されていたといわれています。日本には幕末に伝わりましたが、それほど普及せず、一般の人に広まり、生産量が増えたのは戦後のことです。

現在日本の産地として代表的なところは春は千葉県、神奈川県。夏は群馬県、長野県。冬は静岡県、愛知県、和歌山県などです。

選び方としては葉が鮮やかな緑色で、ハリとつやがあるものを選んでください。春夏秋キャベツは結球の巻きがゆるく、葉がやわらかい。特に私の住んでいる千葉産の春キャベツはやわらかく、とてもおいしいです。我が家では春、低速ジューサーでジュースを作る時必ずキャベツを入れます。

[栄養成分]
カリウム、カルシウム、リン、マグネシウム、ナトリウム、鉄、亜鉛、マンガン、銅、ビタミンB1.B2.B6、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンU、パントテン酸、ナイアシン、葉酸、カロテン、食物繊維などいろいろ。栄養価が高いですね。

成分の働きとしてはなんといってもビタミンU(別名キャベジン)。キャベツ特有の成分で、胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にします。キャベツの葉2〜3枚でビタミンCの一日の必要量50%以上がとれます。芯の部分は葉以上にビタミンCをふくんでいます。また、キャベツは生活習慣病予防で知られるアブラナ科の代表。硫黄化合物のイソチオアシネートという強力な抗酸化物質が含まれております。

低速ジューサーを利用してジュースをつくる時の黄金コンビはキャベツとりんご。このキャベツ+りんごをベースにすると、どんな野菜(モロヘイヤ、ダイコン、きゅうり等)とミックスしても味がマイルドになります。果物ではパイナップルや梨、ぶどう等と良くマッチングいたします。

胃に優しいキャベツジュースを低速ジューサーで。ぜひ、おためしください。
(店主 龍前)




その他の豆知識はこちら
にんじん/ / パイナップル/ かぼちゃ/ オレンジ/ サニーレタス/ メロン/ グレープフルーツ/ キャベツ/ ブドウ/ いちご/ みつば/ トマト/ みかん/ セロリ/ ブルーベリー/ ブロッコリー/ デコポン/ パプリカ/ 小松菜/

トップページへもどる