• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
お問い合わせはこちらをくりっく

名前

龍前 信司

メモ

社団法人日本ネットショップ協会会員

私も毎日愛用しています♪低速圧縮搾りジューサーで新鮮な野菜や果物をたくさんとりましょう!



店長日記はこちら

よくあるご質問
ジュース材料豆知識01 「にんじん」
ジュース材料豆知識02「梨」
ジュース材料豆知識03「パイナップル」
ジュース材料豆知識04「かぼちゃ」
ジュース材料豆知識05「オレンジ」
ジュース材料豆知識06「サニーレタス」
ジュース材料豆知識07「メロン」
ジュース材料豆知識08「グレープフルーツ」
ジュース材料豆知識09「キャベツ」
ジュース材料豆知識10「ぶどう」
ジュース材料豆知識11「いちご」
ジュース材料豆知識12「みつば」
ジュース材料豆知識13「トマト」
ジュース材料豆知識14「みかん」
ジュース材料豆知識15「セロリ」
ジュース材料豆知識16「ブルーベリー」
ジュース材料豆知識17「ブロッコリー」
ジュース材料豆知識18「デコポン」
ジュース材料豆知識19「パプリカ」
ジュース材料豆知識20「小松菜」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「さらさらふりかけ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「しっとりふりかけ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「おもち」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「餃子」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「薩摩揚げ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「肉団子」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「うどん」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「パスタ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「インドパン(ナーン)」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「スコーン」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「レバーペースト」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「茹大豆とツナのディップ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「バナナセーキ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「アイスクリーム」

低速ジューサーで使われる野菜や果物の豆知識をご紹介します。

その7「メロン」

メロンメロンの原産地はアフリカ、中近東。紀元前2000年頃栽培が始まったといわれています。
西方に伝わったのをメロンと呼び、東方に伝わった品種を瓜(ウリ)と呼び、日本のマクワウリもそのひとつです。日本の主な産地は北海道、茨城、熊本。北海道は夕張メロンが有名ですね。露地物は栄養価が高く、温室メロンは甘味と香りが強いと言われています。

網目のあるメロンは網目模様が細かく、くっきり出ているもの。おしりのへそ(花落ち)がちいさいもの。重みがあるものを選んでください。網目のないメロンは香りが高く、底をおすとへこむものがいいと言われています。

メロンは栄養価が高く、ビタミン群やミネラル成分を多く含む果実。ククミンというタンパク質分解酵素が消化を助ける働きをします。「生ハムにメロン」はこれが理由。余分な塩分も排出してくれます。

熟しすぎると味が落ちますので、冷蔵庫で保存してください。低速ジューサーを使ってジュースにする時、種はとりますが、ワタには甘味がありますので、使用してください。 赤肉種のほうが、βーカロテンを多く含んでいます。

[栄養成分]
カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ビタミンB1.B6.B7、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸、カロテン、葉酸、食物繊維など

主成分のブドウ糖、果糖は体内への吸収が早く、エネルギー補給になり、疲労回復に役立つと言われています。豊富なカリウムは体内の余分な塩分を体外に排出し、むくみや高血圧の解消に効果があるといわれています。

低速ジューサーでジュースにする場合、メロンジュースは最高においしいですが、ブロッコリースプラウトとブレンドすると、味の王様と健康の王様のコンビでちょっと贅沢な栄養ドリンクになります。 ※スプラウトは植物の新芽の総称。

体の老廃物を排出し、むくみもスッキリさせるメロンジュース。ぜひ、おためしください。
(店主 龍前)




その他の豆知識はこちら
にんじん/ / パイナップル/ かぼちゃ/ オレンジ/ サニーレタス/ メロン/ グレープフルーツ/ キャベツ/ ブドウ/ いちご/ みつば/ トマト/ みかん/ セロリ/ ブルーベリー/ ブロッコリー/ デコポン/ パプリカ/ 小松菜/

トップページへもどる