• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
お問い合わせはこちらをくりっく

名前

龍前 信司

メモ

社団法人日本ネットショップ協会会員

私も毎日愛用しています♪低速圧縮搾りジューサーで新鮮な野菜や果物をたくさんとりましょう!



店長日記はこちら

よくあるご質問
ジュース材料豆知識01 「にんじん」
ジュース材料豆知識02「梨」
ジュース材料豆知識03「パイナップル」
ジュース材料豆知識04「かぼちゃ」
ジュース材料豆知識05「オレンジ」
ジュース材料豆知識06「サニーレタス」
ジュース材料豆知識07「メロン」
ジュース材料豆知識08「グレープフルーツ」
ジュース材料豆知識09「キャベツ」
ジュース材料豆知識10「ぶどう」
ジュース材料豆知識11「いちご」
ジュース材料豆知識12「みつば」
ジュース材料豆知識13「トマト」
ジュース材料豆知識14「みかん」
ジュース材料豆知識15「セロリ」
ジュース材料豆知識16「ブルーベリー」
ジュース材料豆知識17「ブロッコリー」
ジュース材料豆知識18「デコポン」
ジュース材料豆知識19「パプリカ」
ジュース材料豆知識20「小松菜」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「さらさらふりかけ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「しっとりふりかけ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「おもち」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「餃子」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「薩摩揚げ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「肉団子」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「うどん」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「パスタ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「インドパン(ナーン)」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「スコーン」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「レバーペースト」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「茹大豆とツナのディップ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「バナナセーキ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「アイスクリーム」

低速ジューサーで使われる野菜や果物の豆知識をご紹介します。

その5「オレンジ」

原産地はインドのアッサム地方。日本に導入されたのは明治時代。現在の主産地はアメリカ、ブラジル、スペイン、イタリア、メキシコなど。日本の産地は和歌山県。現在、国内流通品の大部分はアメリカのカルフォルニア産です。
種類としてはネーブルオレンジ、バレンシアオレンジ、ブラッドオレンジなどがあります。ジュースに適しているのは、果汁の劣化がゆるやかなバレンシアオレンジ。選び方は皮につやがあり、色が鮮やかなもの、しっかりとした重みがあるものを選んでください。

オレンジ [栄養成分]
カリウム、リン、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ビタミンB1.B2.B6、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、食物繊維など

オレンジにはビタミンCが多く含まれ、オレンジ半分で1日分のビタミンCがとれるといわれています。ビタミンCはコラーゲンの生成にかかわり、肌のハリを助け、シミやソバカスを予防するのに役立ちます。また、体の免疫力を高め、風邪の予防にもなります。
果皮や袋(じょうのう)にはヘスペリジンが含まれ、ビタミンCの吸収率を高めてくれます。
ビタミンB1とカリウムは、疲労回復、高血圧予防に役立つといわれています。白い果皮には食物繊維が多く含まれ、便秘の解消を助けてくれます。

低速ジューサーを使ってミックスジュースを作る材料としては、人参、トマト、セロリ、かぶとかぶの葉、など良く合います。かぶは実よりも葉の方が栄養があります。おなかの薬として知られ、冷えをやわらげる働きがあります。低速ジューサーを使うと葉物野菜もしっかり搾れます。
我が家では6月中旬から8月中旬までりんごの代わりにジュース材料にしています。もっとも、我が家のジュースは野菜中心で常に8種類ぐらいの野菜、果物をブレンドして低速ジューサーで搾っています。

病気になりにくい身体を作るオレンジジュース。ぜひ、おためしください。
(店主 龍前)




その他の豆知識はこちら
にんじん/ / パイナップル/ かぼちゃ/ オレンジ/ サニーレタス/ メロン/ グレープフルーツ/ キャベツ/ ブドウ/ いちご/ みつば/ トマト/ みかん/ セロリ/ ブルーベリー/ ブロッコリー/ デコポン/ パプリカ/ 小松菜/

トップページへもどる