• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
お問い合わせはこちらをくりっく

名前

龍前 信司

メモ

社団法人日本ネットショップ協会会員

私も毎日愛用しています♪低速圧縮搾りジューサーで新鮮な野菜や果物をたくさんとりましょう!



店長日記はこちら

よくあるご質問
ジュース材料豆知識01 「にんじん」
ジュース材料豆知識02「梨」
ジュース材料豆知識03「パイナップル」
ジュース材料豆知識04「かぼちゃ」
ジュース材料豆知識05「オレンジ」
ジュース材料豆知識06「サニーレタス」
ジュース材料豆知識07「メロン」
ジュース材料豆知識08「グレープフルーツ」
ジュース材料豆知識09「キャベツ」
ジュース材料豆知識10「ぶどう」
ジュース材料豆知識11「いちご」
ジュース材料豆知識12「みつば」
ジュース材料豆知識13「トマト」
ジュース材料豆知識14「みかん」
ジュース材料豆知識15「セロリ」
ジュース材料豆知識16「ブルーベリー」
ジュース材料豆知識17「ブロッコリー」
ジュース材料豆知識18「デコポン」
ジュース材料豆知識19「パプリカ」
ジュース材料豆知識20「小松菜」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「さらさらふりかけ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「しっとりふりかけ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「おもち」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「餃子」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「薩摩揚げ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「肉団子」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「うどん」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「パスタ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「インドパン(ナーン)」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「スコーン」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「レバーペースト」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「茹大豆とツナのディップ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「バナナセーキ」
低速ジューサーベジフルレシピ紹介「アイスクリーム」

低速ジューサーで使われる野菜や果物の豆知識をご紹介します。

その4「かぼちゃ」

かぼちゃ原産地はカンボジア。(南北アメリカ大陸という説もあります。)表面がデコボコしている日本かぼちゃと、表面がなめらかな西洋かぼちゃがあります。現在日本では主に西洋かぼちゃが生産されています。栄養価も西洋かぼちゃのほうが高いといわれます。

選び方は皮の色が濃く、爪がたたないくらい硬いもので、重さもズッシリしているのがいいとされます。

[栄養成分]
カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ビタミンA、ビタミンB1.B2.B6、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸、食物繊維など

かぼちゃの果肉の黄色はカロテンの色。カロテンは体内でビタミンAに変わり、肌や粘膜を丈夫にし、感染症に対する免疫力を強めるのを助けます。又疲れ目の改善にも役立つといわれます。ビタミンEは老化防止や動脈硬化の予防に役立ち、冷え症や肩こりの解消にもいいとされています。

かぼちゃを低速ジューサーで搾る時は、あらかじめ中の種を取り除き、外側の固い皮をむいてから低速ジューサーに投入してください。
かぼちゃとにんじんを低速ジューサーで搾ると、かぼちゃの甘味とりんごの酸味がほどよく調和しとてもおいしいジュースになります。
また、野菜スープメーカーの「スープリーズ」を利用して豆乳と味噌をミックスし、ポタージュスープをつくってみてはいかがでしょうか。おいしいですよ。

かぼちゃは煮物はもちろん、さまざまな料理素材として女性人気の高い野菜のひとつです。女性はおいもやかぼちゃが大好きです。でもなぜか男性でかぼちゃが好物だという人に私は出会ったことはありません。その訳は・・・わかりません。

また、近年日本でも盛り上がりを見せている毎年10月31日に行われる「ハロウィン」ではかぼちゃが主役。中身をくりぬき「ジャク・オーランタン」というものをつくり、飾ってかぼちゃの存在をアピールしています。

かぼちゃの甘味を堪能して免疫力を高めるかぼちゃジュース。ぜひ、おためしください。
(店主 龍前)




その他の豆知識はこちら
にんじん/ / パイナップル/ かぼちゃ/ オレンジ/ サニーレタス/ メロン/ グレープフルーツ/ キャベツ/ ブドウ/ いちご/ みつば/ トマト/ みかん/ セロリ/ ブルーベリー/ ブロッコリー/ デコポン/ パプリカ/ 小松菜/

トップページへもどる